東京事変 – 三十二歳の別れ


三十二歳の別れ
東京事変

作曲︰椎名林檎
作詞︰椎名林檎

歌詞

君は生真面目だと云うけど
僕は何時でも好い加減に泳いでいるんだ。
顔を合わす度互いに固い掟の牢屋へ
閉じ籠ってしまうね。
僕が居なけりゃ女にも男にもならなくて良いよ。

払った犠牲を競うの止めよう、情けなくなる。
時代が軋んで変わっていく音‥聴こえる?
ほらだれの所為でもないさ。

君が居なけりゃ幸福にも
不幸にもならなくて良いよ。
揺らいだ思いを惰性と呼ぼうか、切りがなくなる。

出会って赦して詰った日々の直向きな癖。
若くて夢中で壊して傷んで疲れ果てたいま、
時代が歪んで動いている音‥聴こえる?
ほら僕ら離れ離れ。