松本千夏 – ばかみたい


ばかみたい

ばかみたい

松本千夏

作曲:松本千夏
作詞︰松本千夏

歌詞

いつからだろう
仲良しなあの子が嫌いになったのは
いつからだろう
気持ちを伝えられなくなったのは

周りの目を気にして
ただ頷くだけで
空気を必死に読んで
自分を消してく

こんなばかみたいな世界で
笑って 笑って 泣いて生きてる
本音は喉に詰まったまま
黙って 黙って そうやって生きてる
いつかは変わってやるって
私らしく生きていくって
そう心に決めて

気が付いたら
なぜか嘘ばかりつくようになってた
偽りの姿が
徐々に自分を苦しめていった

一人じゃ怖くて
居場所を探してばかりで
一番大切なことが
分からなくなっていく

こんなばかみたいなこの気持ちで
誰かを 頼って 進もうとしてる
本音は喉に詰まったまま
黙って 黙って そうやって生きてる
いつかは変わってやるって
好きなように生きていくって
そう心に決めて
こんなばかみたいな私を
笑って許してくれるあなたがいる
だから 世界が少しだけ
明るく見える そんな気がしたんだ

こんなばかみたいな世界で
笑って 笑って 泣いて生きてる
本音は喉に詰まったまま
黙って 黙って そうやって生きてる
私は一人じゃないから
もっともっと強くなるって
そう心に刻んで

発売日:2021 10 20

松本千夏がデジタルシングル「ばかみたい」を10月20日に配信リリースし、同曲のミュージックビデオを公開した。

松本千夏は、女性2人組アコースティックデュオ「みかんサイダー」としてインディーズ活動をスタートした後、2019年よりソロ活動をスタート。2021年にキングレコードのレーベル“SONIC BLADE”よりメジャーデビューした。

今作は、松本千夏が4年ほど前に制作し温めていた楽曲で、特に若年層が抱える“葛藤”や“生きづらさ”を綴った、シリアスなリリックとなっている。また、メジャーデビューシングル 「歌って」に続いて松本千夏が等身大の想いを込めた、リアルな目線で歌った楽曲となっている。アレンジはNakamuraEmiなどのプロデュースで活躍するカワムラヒロシが担当。暗闇から、光の射す方へと向かっていく、一曲を通して感情が動いていく様が表現されているサウンドにも注目してほしい。

ミュージックビデオは、務中基生監督によるもので、ギターを持たず感情を込めたリップシーンを全編に取り入れ、歌詞のメッセージがダイレクトに伝わる演出となっている。さらに、松本千夏が初めて挑戦した感情をむき出しにして“叫ぶ”シーンや、サウンドとシンクロした澄んだ青空のシーンにも注目だ。リリースにあたり、松本と務中監督からはコメントも寄せられた。