松田聖子 – 私の愛


私の愛 歌詞 PV

私の愛

松田聖子

SEIKO MATSUDA 2021

作曲:財津和夫
作詞︰財津和夫

歌詞

私の声聞こえたなら手を振って 私はうたってる
遠く 遠く 離れていても こんなに近くあなたを感じるの
だから愛を 私の愛うたうのよ ふたり今始まる
長い 長い 雨の日は 虹をさがすのあなたの瞳に

Love まっすぐな道がある
Love あなたへと続いている
Love やさしい腕の中を
Love 私は忘れない

Love 生まれ変わったように
Love 新しいの全てが
Love 迎えに来て すぐに
Love そして抱きしめて

きっといつか未来の庭に咲く 幸せのために
どんな どんな些細な想い出も かばんに詰めて運びましょう

Love 永遠はないのなら
Love ふたりでつくればいい
Love 確かな夢があるわ
Love 信じる力もあるわ

Love 伝えたいことがある
Love 手をのせた胸に誓う
Love 私はここにいる
Love あなたのために

Love 一緒にうたいましょう
Love 大きな声を出して
Love 心に浮かぶ言葉
Love 隠した愛の言葉

Love ひとつの窓開いて
Love 同じ空をみつめて
Love 歌い続けるわ
Love それが私の愛

発売日:2021 10 20

「私の愛」は、10月20日にリリースされるニューアルバム『SEIKO MATSUDA 2021』の収録曲だ。「チェリーブラッサム」や「夏の扉」「白いパラソル」「野ばらのエチュード」など、これまでにも数々の名曲の作曲を手がけてきた財津和夫が作詞と作曲を担当した。「ファンの皆さんに聖子さんの気持ちを“うた”で届ける」ことをテーマに制作されたという楽曲で、曲中で繰り返される“LOVE”のフレーズは、コンサート会場でのファンとのコール&レスポンスをイメージしたものだという。

ミュージックビデオは、さきに公開された「青い珊瑚礁 〜Blue Lagoon〜」や「時間の国のアリス 〜Alice in the world of time〜」「瞳はダイアモンド〜Diamond Eyes〜」と同じく、松田聖子自ら監督・主演を務めた作品。ドラムを演奏しながら歌う姿や、“LOVE”というキーワードを象徴するような、かわいいワンちゃんたちの登場シーンも盛り込まれている。

『SEIKO MATSUDA 2021』は、デビュー40周年を迎えた2020年に「松田聖子の“これまで(過去)”と“これから(未来)”が楽しめるアルバム」というコンセプトで発表された『SEIKO MATSUDA 2020』の流れをくむ“続・40周年記念アルバム”。「私の愛」のほか、「青い珊瑚礁」「時間の国のアリス」「瞳はダイアモンド」「チェリーブラッサム」「時間旅行」のセルフカバーや自身による書き下ろし楽曲など全10曲が収録されている。