椎名林檎 – 鶏と蛇と豚


三毒史 椎名林檎 - 鶏と蛇と豚

鶏と蛇と豚

椎名林檎

三毒史

作曲︰椎名林檎
作詞︰椎名林檎

歌詞

Thinking of sweetness, stuffed myself even more
Afraid it’d run out, had to get even more
Dripping with honey, ran to store even more
Gorging, got nauseous, vomited everywhere

I thought that full was something better
Detestable is how it feels
Why must this be?

The honey used to taste delightful
Was it a poison actually
There to trap me?

Am I cursed? I’ve slighted no one
And I’m sure I know myself
The best so something’s not right

This self is the only thing I love
To hear, to smell, to see, to touch
To taste is irreplaceable, no less

発売日:2019 05 27

「鶏と蛇と豚」は椎名が5月27日にリリースするニューアルバム「三毒史」のオープニングを飾る楽曲。MVの監督は「人生は夢だらけ」「獣ゆく細道」といった近年の彼女の多くの映像作品を手がける児玉裕一が務めた。映像ではAYA SATOが三種の獣と化し、仏教において克服すべき煩悩を意味する“むさぼり”“いかり”“おろかさ”の三毒を表現。児玉はMVについて「ふたりの虚無僧が東京タワーで女と出会った夜。女が行き場のない気持ちを抱きながら六本木を歩いた夜。ある男女が銀座で待ち合わせた夜。男が不思議なトンネルに迷い込んだ夜。そんな夜の、ほんのちょっと前に東京で起こった出来事を映像にしました。マジ卍」とコメントしている。