清水翔太 – 恋唄


恋唄

恋唄

清水翔太

作曲:Shota Shimizu
作詞︰Shota Shimizu

歌詞

君をわかりたくて わかりたくて
背伸びした分だけ ちゃんと苦しかった

それでも好きだった 好きすぎた
例えこうなる事、わかってても

いつも優しくて眩しかった
君を見て僕も少しは変われたんだ
爪を噛む癖や夜更かしも
出会う前より減ったかな

近くて遠い恋でした
今はただ遠いだけ

もう君を愛せないんだ
もう君に愛してもらえないんだ
なのにさ僕の気持ちはまだ
何ひとつ 変わってない
味のしない朝食を さっと済ませて
仕事に行かなきゃだよ

こわいものなんて何もなくて
「君が居る」それが心の拠り所
君を失ってこんなにも
弱い自分に気づいたんだ

時に君が怒るとき
それは僕が嘘ついたとき

もう悩む事もないんだ
もう君は困らせてくれないんだ
なのにさひとりぼっちで居るとこんなにも
何故かくだらないものに 見えてしまうよ
楽しかった事 全部

結局は君を
救えなかった気がしてるよ
僕が弱すぎたね
せめて優しい誰かと居て。

もう君を愛せないんだ
もう君に愛してもらえないんだ
なのにさ僕の気持ちはまだ
何ひとつ 変わってない
お互いの夢の為か そもそも全部か
わからないけれど bye-bye

発売日:2021 05 18

清水にとって「恋唄」は、昨年11月にリリースしたミニアルバム「period」以来約半年ぶりとなる新曲。別れた彼女へのあきらめと後悔が入り混じった感情を吐露する歌詞、それを切なく歌い上げる清水の歌声、ナチュラルでローファイなトラックが印象的な失恋ソングとなっている。

新曲のリリース発表に合わせて、「恋唄」のジャケットおよび新たなアーティスト写真も公開された。