清水翔太 – 30


30 period

30

清水翔太

period

作曲:Shota Shimizu
作詞︰Shota Shimizu

歌詞

19の頃に買った
スニーカーを履いたら
耳元で今も同じHEROが歌ってる

「怖がってちゃダメだよ
無敵だった筈じゃないか」
やっと会えたと思ったら
消えていく

じゃあ、ばいばい
あの子が出てったみたいに

いつか遠く遠く
蜃気楼の中に僕を見たんだ
まるでかくれんぼ
一人ぼっち
皆、いなくなった
帰り方くらい
わかるって話

結局だらしなくて
遠回りしちゃったな
良くも悪くも
想像してた自分じゃない

手に入らないものと
気づけば側にあるもの
人は納得するように出来てるや

でも、会いたい
一番愛した人に

I miss you 遠く遠く
思い出の最後の方に在る
怖いくらいの孤独にだって
平気な顔してた
子供の頃は
強かったのにな

19の頃に買った
スニーカーを履いたら
耳元で今も同じHEROが歌ってる

いつか遠く遠く
あの頃の自分に会えたなら
君らしく、僕らしく
ずっと友達だよって
言ってほしいと
思ってるだけさ

発売日:2020 11 11

清水翔太が11月11日にミニアルバム「period」をリリースする。

本作は清水にとって初のミニアルバムで、8thアルバム「WHITE」以来約2年半ぶりのCDリリース。パートナーと別れたあとの後悔ややるせなさを歌ったリード曲「Princess」、デビュー当時を振り返りながら心境の変化や現在地を歌った「30」に加え、配信シングル「Breathe Again」「416」「Sorry」が収録される。作品の仕様は通常盤と初回生産限定盤の2形態。初回生産限定盤に付属のDVDには、2019年開催の「SHOTA SHIMIZU BIRTHDAY PARTY」から5曲のライブ映像が収録される。