環ROY – Flowers


Flowers

Flowers

環ROY

作曲:環ROY
作詞︰環ROY

歌詞

赤くなった街 夕焼け小焼け
コントラスト 失った木陰
昨日が今日になったときのように
徐々に今日が曖昧になる
明日のおかげ
目の慣れを置き去りにするような
冬とは違う陽の長さ最高
たわいもなくそう口にすると
ブーンと蚊が耳元を飛ぶ
実存を獲得する街灯
質問を脚色して回想してたら
昼は寝ていた 夜が起きました
お化けも起きました
階段を駆け上がる 屋上に上がる
夜景が俺らを見てるから
フェンスに手をかけな
寄りかかり網の目から遠くを見な

花は燃えた 時を止めた
大きな音が空に響く

アイス 半分に分ける
あけるビール 焼きそばとかを食べる
東京 アスファルトは濁音
爆音 開かれたこころ 確保
大量の闇を吸い込んだ雲
大きな綿だよ それよりも
月明かりどける街明かりの上
俺たちの視線だけ集める
発熱して眠ってた烏はもう飛び立った
猿にとっては日常的なエネルギー
クライマックス 打ち上げた

発売日:2020 09 23

環ROYが本日9月23日に新曲「Flowers」を発売した。

本作は、静的なトーンを基調とした独創的チルヒップホップ作品。ラップとトラックメイキングは全て自身が行っている。ミュージックビデオも自身で撮影、編集を担当したという。

また、9月から公開中の環ROY によるプレイリスト「in any case」も更新。「Flowers」を起点にオルタナティヴなチルを提案している。