矢井田瞳 – ずっとそばで見守っているよ


矢井田瞳 - ずっとそばで見守っているよ

ずっとそばで見守っているよ

矢井田瞳

作曲︰矢井田瞳
作詞︰矢井田瞳

歌詞

誰にも見せずに 乾いてゆく涙
窓越しに 遥か遠く 届かないままの理想像

波打つ 向かい風にもじっと耐えた夜
何よりも 強く光る 君だけの真実で

いつもそばで見つめているよ
その悔しさも 優しさから言えなかった言葉も
きっと今日という日の為だったね  きっと今日の為に

比べて 晒されて そんな日々に疲れて
それでも 錆びない 掴めそうで くたばらない

差し伸べようとした手を そっと私は隠す
強い自分になろうとしている 君を 信じているから

ずっとそばで見守っているよ
その諦めない心 世界が見つける時まで
そうさ 誰もがまだ 旅の途中
まだ旅の途中で

ずっとそばで見守っているよ
いつもそばで見つめているよ
その悔しさも 優しさから言えなかった言葉も
きっと今日という日の為だったね きっと今日の為に

発売日:2021 06 16

矢井田瞳が井村屋のロングセラー商品「あずきバー」のCMソングとして、新曲「ずっとそばで見守っているよ」を制作した。

この曲は本日6月10日にiTunes Store、Apple Musicで先行配信がスタート。そのほかのサービスでは6月16日に配信される。「あずきバー」は1973年の発売から幅広い世代に愛され続けるアイスで、2020年度はシリーズ合計販売本数が過去最高の約2億9000万本を記録。そんな歴史ある商品の新CMは「今日もきっと、うまくいく。」をテーマに制作されたもので、歌舞伎俳優の尾上松也が懸命に逆上がりの練習をする少年を温かい眼差しで見守る映像と、矢井田の柔らかい歌声がマッチしたハートフルな内容になっている。

矢井田は新曲を携え、“ヤイコの日”にあたる8月15日に大阪・大阪城音楽堂でライブイベント「矢井田 瞳 夏の元気祭り2021 OSAKA野音~Yaiko to Band~」を開催。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客配信ライブとなったため、今回は矢井田にとって1年越しの大阪でのリベンジ公演となる。オフィシャルファンクラブでは6月12日より「ヤイコの日」の特製マルシェバッグ付きのプレミアム指定席券が販売される。