緑黄色社会 – regret


緑黄色社会 - regret 歌詞 MV

regret

緑黄色社会

作曲:長屋晴子
作詞︰長屋晴子

歌詞

器量がないなら 魅力もないから
手放すばかりでさ 嫌になるよ

ほんの少しでも 光が射すなら
どんなに恵まれたことか

このまま逃げてしまいたい
誰にも言わずに
必死にかき集めたものたちも
私を見ればまた逃げてしまうの?

散々消えない後悔を
また今日も数えている
それぞれが重くてしょうがなくて
情けないよ
燦々と照らす太陽が
まるでとどめを刺すように
ドロドロと深く堕ちる私を黒くさせる

あなたの事とか もうどうでもいいから
私の事だけさ 考えさせてよ

重荷になるなら もう後ろ向かずに
はっきり置いていきなよ

昔の事だよ 分かってる
でも
私の馬鹿、馬鹿、馬鹿

忘れられない事ばかり
記憶に時効などないのだから

散々消えない後悔を
また今日も数えている
それぞれが重くてしょうがなくて
情けないよ
燦々と照らす太陽が
まるでとどめを刺すように
ドロドロと深く堕ちる私を黒くさせる

消えない記憶と
ちゃんと向き合えますように

発売日:2018 03 14