藍坊主 – 星のすみか


星のすみか
藍坊主

作曲︰藤森真一
作詞︰佐々木健太

歌詞

輝き続ける光った星から、
輝き続け、光ったあの空から、
黒いソーダ水、飲みこんだような、
胸いっぱいの、夜めく心。

誰もいない、遠い過去に、星たちは砕け、
欠片が結ばれ、地球になって、
物質から、なんでなのか、命を創った、
僕たちの血は、星屑の液体。

ハロー、夏の空、僕らはもう光れないけど、
ハロー、内側は、苦しいほど、また光るよ。

輝き続ける光った星から、
輝き続け、光ったあの空から、
僕らは何を感じられるだろう、
永遠のような美しさか、
輝き続ける光った星から、
輝き続け、光ったあの空から、
宝石もゴミも、愛も憎しみも、
何もかもが、集まる心。

僕が消え、遠い未来で、化石になったら、
人は僕に何を見るだろう。
分析して、名を付けて、解読をしても、
愛した人は僕しか知らない。

ハロー、骨の奥、はかれない重さに、ゆれてる。
ハロー、生きること、君の他に、君はできない。

輝き続ける光った星から、
輝き続け、光ったあの空から、
僕らは何を感じられるだろう、
奇跡は宇宙だけじゃないよ。
輝き続ける光った星から、
輝き続け、光ったあの空から、
目を閉じたって、閉じきれないよ、
あの星さえ、持てなかった心。