藍坊主 – 花のなはなの花


花のなはなの花
藍坊主

作曲︰藤森真一
作詞︰藤森真一

歌詞

サンバを踊るてんとう虫
その真ん中で眩く揺れる花がある
夕焼けのような 優しさが
そばにいるから 眩く揺れる花がある

空のむこうもっとむこう
大切なあの人も笑っているよ

花の名は菜の花 今日の名は喜び
この暖かな 旅立ちの日に柔らかな祝福を
始まりの色は黄色 春に息吹いた運命よ
永遠であれ 永遠であれ
二人の手が離れる事のないように

産まれた場所も育った家も違うのに何故か
顔が似てきた 気がするよ
青春を分かち合ったからか
いや、それだけじゃない 同じ未来を見てるから

すべて受け入れ すべて受け止め
流れた涙は 絆に変わる

花の名は菜の花 今日の名は喜び
この暖かな旅立ちの日に 柔らかな祝福を
どんなことがあっても どんな日々であっても
諦めるな 諦めるな
明ける太陽、待ってる人がいるから

永久に幸あれ 永久に幸あれ
二人のもとへ 永久に幸あれ

花の名は菜の花 今日の名は喜び