藤巻亮太 – Summer Swing


Summer Swing

Summer Swing

藤巻亮太

作曲︰藤巻亮太
作詞︰藤巻亮太

歌詞

あの日溶けだしたアイスクリーム
君と僕は笑い話でもしてたんだろう
思えばセミも鳴きやんだ
夏の終わりの片隅で
青い海は静まり返って
まるで僕らは夢でも見ていたんだろう

言葉にならずに見つめ合っていたね
言えなかった”好きだよ”が
波のしじまに溶けた
大人になれずにあの日の海辺を
彷徨っている僕がいる
涙の味の海の彼方

思い出が美しいなんて
まるで馬鹿げた蜃気楼

僕らの影も足跡も全部
あの波間から消えてしまっても胸の中よみがえる

言葉にできずに海を見ていたね
言えなかった”I love you”は
僕を強くさせたけど
大人になんてなりたくなかった
あの日君と海を泳いだ
クラゲでいさせてくれ
言葉にならずに消えていった想いよ
またどこかで顔をだして
僕を揺さぶってくれよ

子どものように
子どものように

発売日:2019 09 11

「Summer Swing」は昨年スタートした藤巻主催の野外音楽フェス「Mt.FUJIMAKI」のテーマソングとして書き下ろされた楽曲。今年の9月29日に山梨・山中湖交流プラザ きららでイベントの第2回が行われることを記念して、楽曲の配信リリースが決定した。演奏にはドラマー河村吉宏、ジャズピアニスト桑原あいのほか、ストリングスも参加している。藤巻は“夏の終わり”をテーマにしたこの曲について「誰しもが感じる夏の終わりの切なさにはいろいろな物語があると思います。皆さんの夏の思い出とともに、この曲を聴いてもらいたいです」とコメントしている。