AKB48 – 横山由依 – 君がいなくなる12月


君がいなくなる12月

君がいなくなる12月

横山由依 (AKB48)

作曲︰浦島健太・山本匠
作詞︰秋元康

歌詞

君が今 微笑んでいる それだけなのにせつなくなるんだ
新しいその生活を 応援したいと思ってるのに

人は誰もすぐそばを 過ぎる時に気づかずに
今日という日が止まってみえるらしい

君がいなくなる12月 まだ先だと思ってたけど
ドアを開けて 感じた風が もう肌寒かった
僕は残されたその日々を 思い出さないようにしてたけど
君だけがいなくなるなんて どうしても 想像できない

目の前に手を伸ばすたび たしかに君は存在していた
一言も話さなくても そばにいるだけで 安心できた

それを愛と認めずに 言葉にはしなかった
出来ることなら あの日に帰りたい

君がいなくなった1月 あっという間に一人になって
シンシンと降ってる雪を ただぼんやり見てた
僕はどうすればいいのだろう 取り残されて何もしたくない
ああ君を忘れられるまで 気が抜けて 立ち直れない

だって 今でも 僕のカレンダー
ずっと 12月のまま 永遠に変わらない

君がいなくなる12月 まだ先だと思ってたけど
ドアを開けて 感じた風が もう肌寒かった
僕は残されたその日々を 思い出さないようにしてたけど
君だけがいなくなるなんて どうしても 想像できない

そんな日が来ないでほしかった…

発売日:2021 09 29

表示できる歌詞がありません。歌詞を投稿することができます。

どしどしコメントをお寄せください。最大の励ましです。

AKB48・横山由依の卒業ソング「君がいなくなる12月」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

9月12日に東京・日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)で行われたライブイベント「MX夏まつり AKB48 2021年 最後のサマーパーティー!」でグループからの卒業を発表した横山。9月29日に発売される58thシングル「根も葉もRumor」のType Cには横山の卒業ソングとして「君がいなくなる12月」が収録される。本日公開されたMVは横山本人が企画を担当し、自身が監督を務めた映像で、彼女がAKB48の一員として活動してきた12年間の思いが込められた作品となっている。

横山はMVについて「ファンのみなさん、メンバー、スタッフ、多くの方々と出会えてよかったと思いますし、これからも私はみなさんにたくさん恩返しができるように自分の夢を追い続けなきゃいけないなと思うので、すごく気が引き締まったというか。『ここから1人の横山由依になるんだ』ということを、MVを作らせていただいてあらためて感じました」とコメントしている。