amazarashi – アルカホール


アルカホール

アルカホール

amazarashi

ボイコット

作曲:秋田ひろむ
作詞︰秋田ひろむ

歌詞

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかった、当時
でも、親しい顔すれば素通り 脆い思い出は溶けてしまった氷
彼はキスした手首の傷に 朝日に素面の顔は気まずい
目の下のクマは黒い三日月 温いシーツに香りの名残はずるい

外と隔離した部屋で 飲み干す傷病手当
現実に悪酔い どうせ咲かぬ蕾
間引かれるなら どうか私から

はしゃいだ分だけ寂しい 空虚に化粧ほどこし
夕映えが最後に 頬を赤く染めてくれる
そしたら綺麗と言って 良かったころの思い出
口を塞いで黙らせて 今だけ見ろって

ア ア ア アルカホール フォール

バスではいつも汗が酷い 焦る日ほど信号は黄色い
ミーティングで静寂に身じろぎ 動悸 他人はいつも私には遠い

はみ出した者が泣く だからどうとかじゃなく
諦めていい 理由には十分
宛名ない速達で黒が来る

幼い頃ママが言った「あなたは天使だ」って
だから天国をスリップして この部屋に落ちた
すでに羽根もがれたけど 今さら飛ぶ気もないの
だからなんだって言うの ただ一つ、ママごめんね

ア ア ア アルカホール フォール

軽薄な喧騒と耳つんざく音楽 その波にさらわれて全部忘れたはず
こんな夜の孤独とか いつかの綺麗なキスとか
夜遊びの冬の匂いとか 笑ったはずの季節とか
朝方打ち上げられて 顔を覆って泣いてる
記憶の死骸達でアクセサリー作って
「綺麗でしょ?」「綺麗でしょ?」ってずっと泣いてる
あの子は誰だっけ?なんて私に聞かないで

寂しい分だけはしゃいで 後ろめたさあしらえば
無邪気な顔の夜が 全て匿ってくれる
そしたら綺麗と言って こんな惨めな私を
口を塞いで黙らせて 全部夢だって

ア ア ア アルカホール フォール

発売日:2020 03 11