嵐 – 僕らの日々


僕らの日々

僕らの日々

作曲:Nai-T
作詞︰Nai-T

歌詞

僕らの日々に 満ち溢れたキセキを
いま二人 探しに出かけよう
心のピントを すぐそばに合わせて
小さな愛の種を 育ててゆこう

柔らかい午後の 日差しに包まれて
キミの声をずっと 聞いていたいな もっと
息を弾ませて 笑うあどけない 顔も
いつまでも この胸騒ぐのさ

きっと あの日から 始まった未来を
いま僕らこの場所で 色付けているんだ
キミと僕の 同じ想いで描く色鮮やかな
明日を歩こう

そう誰より 一番近くで キミを感じるたびに
また一つ 生まれるストーリー
たった一瞬だけの 煌めきだって ずっと
胸に焼き付けたい
そんな風に 僕らの日々に 満ち溢れたキセキを
いま二人 探しに出かけよう
心のピントを すぐそばに合わせて
小さな愛の種を 育ててゆこう

窓越しに見える 街路樹を見つめて
花が咲いたねって キミが笑う One day
意味のない歌を 口ずさみながら 二人
笑い合った 他愛のないYesterday

ずっと 同じだって 信じていたけど
変わり続けてるんだ 街も僕たちも
そうだきっと 今日のキミには二度と会えない
だから一秒だって 宝物

向かい合わせの キミと僕の瞳で
巡り行く 日々を見つめれば
360度 見渡す限りの
大きなパノラマになる
そんな風に 今日も明日も 何十年先でも
ありふれた 日常の中に
心躍るよな 輝きを見つけて
果てなく遠い未来を 照らしてゆこう

通り雨が上がったら 目に映る景色が ほら
まぶしいほど ときめいて 僕らを包む

そう誰より 一番近くで キミを感じるたびに
また一つ 生まれるストーリー
たった一瞬だけの 煌めきだって ずっと
胸に焼き付けたい
そんな風に 僕らの日々に 満ち溢れたキセキを
いま二人 探しに出かけよう
心のピントを すぐそばに合わせて
小さな愛の種を 育ててゆこう

発売日:2020 07 29

嵐の通算58枚目のシングル「カイト」が7月29日にリリースされる。

「カイト」は米津玄師が作詞作曲を手がけた楽曲で、NHKが東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて若い世代を応援する「NHK2020ソング」。嵐は2019年12月の「第70回NHK紅白歌合戦」出場時、東京・国立競技場からこの曲を初披露した。

シングルはDVDが付属する“初回限定盤DVD”、Blu-ray付属の“初回限定盤Blu-ray”、CDのみの通常盤、嵐からファンに長年の感謝を込めてファンクラブ会員限定盤の計4種が用意される。DVDおよびBlu-rayには「カイト」のミュージックビデオとそのメイキング映像が収められ、通常盤CDには表題曲のほか、昨年11月に天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典で嵐が奉祝曲として歌った「Journey to Harmony」を含むカップリング3曲が収録される。各種ジャケットには大野智の描き下ろし絵画が使用される。