ASKA – 笑って歩こうよ


笑って歩こうよ

笑って歩こうよ

ASKA

作曲:ASKA
作詞:ASKA

歌詞

ASKAが7月14日にニューシングル「笑って歩こうよ」をリリースする。

ASKAが新シングルを発表するのは、12thシングル「歌になりたい / Breath of Bless ~すべてのアスリートたちへ」以来約1年8カ月ぶりのこと。ノスタルジックな雰囲気をまとった新曲には、ASKAの「1970年代のメロディって、今なおカバーされ続けている。なぜ?って、メロディが音楽を語っていたから。そんな時代の音楽を、今、自分なりに表現してみました。きっと誰もが気が付いている。世の中がすっかり沈んでしまっていることに。強がりでもいい。“笑って歩こうよ”」という思いが込められている。

シングルの発売日にミュージックビデオが公開される予定。本日7月12日にはMVのティザー映像が公開された。このMVは映像監督の石井貴英による作品で、女優・尾野真千子が思い出の詰まった街に別れを告げた女性を演じた。石井監督はキャスティングについて、「尾野真千子というだけで、すでに表情が見えた。今、誰もが、朝が来ることを信じ待ち続けている。イギリスには『夜明け前がいちばん暗い』ということわざがあった。苦しくなった時に離れていく見せかけの勇気と、どんな時も黙って傍に居てくれる希望。説明せずとも、この映像を観た人それぞれが抱く共感を尾野真千子に託した」とコメントしている。

なおASKAは10月より全国ツアー「Get The Classics ASKA premium concert tour-higher ground-アンコール公演」を開催。本ツアーは“ASKAバンド×ストリングス”のメンバーを集め、全15公演が行われる。

発売日:2021 07 14

表示できる歌詞がありません。歌詞を投稿することができます。

どしどしコメントをお寄せください。最大の励ましです。