BUMP OF CHICKEN – Small world


BUMP OF CHICKEN - Small world

Small world

BUMP OF CHICKEN

『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』主題歌

作曲:藤原基央
作詞︰藤原基央

歌詞

いろいろと下手くそな僕は
この道しか歩いてこられなかった
出来るだけ転ばないように
そして君に出会えた

まぶた閉じてから寝るまでの
分けられない一人だけの世界で
必ず向き合う寂しさを
きっと君も持っている

秘密のため息は 夕陽に預けて
沈めて隠していた事
どうしてわかるの 同じだったから

散らばった願いの欠片で照らされた夜も
どこかへ向かうパレードも 誰かの歌う声も
僕らにはひとつも 関係ないもの
一緒に笑ったら その時だけは全部
僕らのもの

すぐに言葉間違えそうで
傷付けたり怒らせたりしそうで
気をつけるようにしていたら
ただ喋れなくなっていた

君だけの思い出の中の
君の側にはどうやったって行けないのに
涙はそこからやってくる
せめて今 側にいる

そうしたいと思うのは そうしてもらったから
何も喋らないのにさ
まんまるの月が 君の目に映る

叶わないままの夢はどんな光より綺麗で
変われないのに変わりたいままだから苦しくて
流れ星ひとつも 気付けなくても
君を見つけて 見つけてもらった僕は
僕でよかった

散らばった願いの欠片で照らされた夜も
どこかへ向かうパレードも 誰かの歌う声も
僕らにはひとつも 関係ないもの
一緒に笑ったら その時だけは全部
誰にも気付けないくらい ささやかな世界の中でも
僕らのもの 僕らのもの

どうしてわかるの 同じだったから
まんまるの月が 君の目に映る 夜が騒ぐ
ポップコーン転がっている クライマックスのパレード
関係ない世界が 僕らを飲み込む ルララ ルララ

発売日:2021 11 15

BUMP OF CHICKENの新曲「Small world」が11月5日(金)公開の『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』の主題歌に決定した。

『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』は、サンエックス株式会社から発売されたすみっコぐらしが2022年に10周年を迎えることを記念した作品。本作のナレーションは前作から引き続き井ノ原快彦と本上まなみが担当しており、すみっコたちを励ましたり、突っ込んだり、時には気持ちを代弁しながら、すみっコたちの物語をやさしく見守る。

BUMP OF CHICKENが主題歌を担当することは、BUMP OF CHICKENのファンである原作者・よこみぞゆりの想いを聞いた大森貴弘監督、プロデューサーはじめスタッフが満場一致で賛同、オファーしたことにより実現した。

新曲「Small world」は、美しいバンドサウンドとやさしい歌声が印象的なミディアムナンバー。すみっコたちと聴いた人にそっと寄り添い、映画の世界観をより一層豊かに彩る楽曲に仕上がっている。主題歌情報の解禁に合わせて、楽曲を使用した30秒の予告映像も公開された。