DAOKO × MIYAVI – 千客万来


千客万来

千客万来

DAOKO × MIYAVI

映画『Diner ダイナー』主題歌

作曲:MIYAVI・DAOKO・Lenard Skolnik・Taku Inoue
作詞︰DAOKO

歌詞

千客万来 プレイバック
人の影に隠れ生きていた
最低限な暮らしの中
最低な気持ちだが楽な生き方を選んだ
卑怯か?

「壊されたい」なんて願っていたって
だってガキのまんまじゃ 足も竦んでさ
逃げ出したい 脱出する己から
駆けてよ今 ほら Dash

あてもなく飛び出して驚いた
アンラッキーなんて嘘 空は高く
明るいさ 眩しいがいまならばわかるんだ
あのひとの言葉の意味

あてもなく飛び出して驚いた
アンラッキーなんて嘘 空は高く
明るいさ 眩しいがいまならばわかるんだ
あのひとの言葉の意味

安楽浄土 そんなのあるの?
私のことは私がー番わかってるんだから
ねえ 勝手でしょ 損するのは私なんでしょう

「愛されたい」だけ願って居たんです
なんて口答えを 君も誰も
果てを知りたい 発掘する己から
急げよ 今なら Rush

生きてても死んでるの
運勢がアンラッキーなら明日は 楽しそうね
気づいたら笑ってた 上手じゃない下手だけど
まっさらな私だった

生きてても死んでるの
運勢がアンラッキーなら明日は 楽しそうね
気づいたら笑ってた 上手じゃない下手だけど
まっさらな私だった

ほら立ってよ 勇往邁進
やめたいと思ってやめられるもんか

あてもなく飛び出して驚いた
アンラッキーなんて嘘 空は高く
明るいさ 眩しいがいまならばわかるんだ
あのひとの言葉の意味

あてもなく飛び出して驚いた
アンラッキーなんて嘘 空は高く
明るいさ 眩しいがいまならばわかるんだ
今の私 永遠だわ

発売日:2019 07 03

DAOKOとMIYAVIによるコラボ曲「千客万来」が、映画『Diner ダイナー』(7月5日公開)の主題歌に起用されたことが明らかになった。

藤原竜也が主演、蜷川実花が監督を務める同映画は、映像化不可能と言われた小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社『ポプラ文庫』)が原作。藤原は、殺し屋ばかりが集まる殺し屋専用の食堂<ダイナー>のオーナー・ボンベロ役を演じ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二らが殺し屋役として集結する。

主題歌「千客万来」は7月3日より配信開始。YouTubeでは同曲の一部を聴くことができる予告映像が公開されている。