flumpool – その次に


その次に flumpool

その次に

flumpool

作曲:阪井一生
作詞︰山村隆太

歌詞

不機嫌そうな 海の向こうを見つめ
輝いている 昨日に手を振るんだ

踏み出せば 揺さぶられて 足元で軋んだ錨(アンカー)
だけど不安はないさ 君と行けるから

また次もきっと その次もきっと 舵を切り直すよ
こじ開けた先が 描いてた地図と たとえ違っていても
弾む風も 消えない虹も 見つからなくたって
笑いたいんだ ah 隣でさ

どんな路を 僕ら選んだとしても
後悔のない 夜なんていつもなかった

流されて 辿り着いた 足跡に散らばるアンサー
どれも 間違いじゃない 君といたからさ

また次もきっと その次もきっと 舵を切り直すよ
生きていくために 切り捨てた重りが たとえ大事なものでも

流れ星も 波の詩(うた)も 見つからなくたって
笑いたいんだ ah 隣でさ

ゼロになって 空いた場所で
重ね合う僕らの手なら
全て 掴めるような そんな気がしたんだ

また次もきっと その次もきっと 舵を切り直すよ
こじ開けた先が 描いてた地図と たとえ違っていても
昇る雲も 包む夕日も 見つからなくたって
笑いたいんだ ah 隣でさ

発売日:2021 10 01

flumpoolがデビュー記念日にあたる10月1日(金)、新曲「その次に」を配信リリースすることが発表となった。水面に4人が佇む最新ビジュアルとジャケット写真も公開となっている。

2021年7月に自身の会社を設立し、新たなスタートを発表したばかりのflumpoolから届けられる新曲だ。“仲間”をテーマに制作された楽曲は、大切な仲間や支えてくれているファンと共に新たなスタートラインに立ったflumpoolとしての決意表明となるもの。また、この配信シングルと連動した映像コンテンツが視聴できるQRコード付きのTシャツもリリースされる予定だ。

flumpoolは、Billboard Live主催公演として東京、横浜、大阪でキャリア初のアコースティック編成によるワンマンライブ行うことも決定した。晦日の12月30日(木)、大晦日の12月31日(金)のイヤーエンド公演でBillboard Liveのステージに立つ日本人アーティストは初。この発表に併せて、flumpoolのオフィシャルファンクラブ「INTERROBANG」のリニューアルも実施。同サ