GADORO – 最期の詩


最期の詩

最期の詩

GADORO

SUIGARA

作曲:観音クリエイション
作詞︰GADORO

歌詞

夜10時豆電球を照らした
スヤスヤまた今夜も夢見ますか
テレポートをしてるのか疑うくらい
一度も起きる瞬間を見たことない
気付けば既に朝の支度
匂いで分かる昨晩のカレーの余りだ
線香の香りが混ざる部屋の中 台所に立つ後ろ姿
乳首の透けた汗だくの半袖
ルールも知らず遊んでくれたカードゲーム
怪我すれば絆創膏よりアロエ
顔に畳あとがつくまで雑魚寝
大きいザルに茹でたてのトウモロコシ
縁側で貪ったな二人で
これはカタツムリからの4ヴァース目 蘇らせるよこの音楽で

託そう、これが最期の詩 いつも俺に愛をくれた
色褪せることない美しさ 肝っ玉座った最強のシンデレラ
覚え辛い歌詞でごめん でもたまには演歌以外も聞いてくれ
胸張ってラッパーと言えるまで どうか雲の上で見ててくれ

屁をこいた後も堂々の立ち振る舞い
一瞬時が止まり2人で馬鹿笑い
ものが壊れたら叩けば治る
そうやって言ってプレステを壊される
一度美味いと言ったあのおやつ
飽きるほど食わされて少し嫌いになる
何故かヤクルト大量のストック
夏は扇風機冬はストーブ
焚き火式の風呂とボットンの便所
貴方から受け継いだ根性と言語
賞味期限切れを全く気にしない
緑茶と風呂の暑さが尋常じゃない
テレビをつければバラエティ番組よりもNHK
住み着いている虫達が異常にでっけー
決して金じゃ買えない思い出

学校で起きたくだらない話
いつも楽しそうに聞いてくれる
玄関の鍵は決して掛けず
俺は未だにそれを受け継いでる
母ちゃんの言うことは聞きなさい
そう言って帰り際に渡すお小遣い
いくら振り返っても見えなくなるまで手を振ってくれた
俺の為に費やした全て現れんだよな未だに夢で
今、空の上で見てるかな?
だったら余計なことなんて出来ない
託された言葉の一つ一つは
どんなラッパーよりも重みがあった
いつ何時も俺の味方だった
無償の愛情を受けて育った

母ちゃんの方ならば相も変わらず
年々やかましさの増すくそばばあ
肝の座り方だけは似てるが
それ以外はばあちゃんの圧勝だな
自分に嘘だけはつくんじゃないと
hip hopを教えてくれた第一人者
確かにこの世には存在しない
だが記憶や香りは未だに残ってる
もしも俺が地獄に行ったらさ距離は今よりも遠くになる
だから生きてる間に歌いたいだから生きてる間に会いたい
天国に響き渡らせる全国に直に分からせる
貴方のように背中で語れない分
真っ向からいま想いを告げる

発売日:2019 03 06

男性声優によるラップソングプロジェクト「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」への楽曲提供や、そのライブイベントへの出演でも注目を集めるGADORO。「最期の詩」は3月にリリースされた3rdアルバム「SUIGARA」の収録曲で、2ndアルバム「花水木」の収録曲「カタツムリ」に続き、GADOROが亡き祖母への思いをつづっている。MVの制作は株式会社Crazy Bankが担当。撮影は祖母の家をイメージした民家で行われ、GADOROの思い出とシンクロする映像となっている。