Halo at 四畳半 – イノセント・プレイ


イノセント・プレイ

イノセント・プレイ

Halo at 四畳半

ANATOMIES

作曲:渡井翔汰
作詞︰渡井翔汰

歌詞

ねえ イノセント・プレイ
報われない思いはどこかへ消えた
それでも それでも 眩いほどの未来へ

命と一緒に受け取った 21gの心に
僕らはそれぞれの祈りを ひとつずつ飾っている

戦場で鳴ったピアノ 瓦礫に手向ける花束
僕らはそれぞれに祈りを ひとつずつ宿していく

天文学的確率を掻い潜ってもまだ
胸に残るものを どうか どうか 忘れないでいたい

ねえ イノセント・プレイ
報われない思いはどこかへ消えた
それでも それでも僕ら行かなきゃ
誰もが 勇ましい 勇敢な勇者ではなくて
震える その足で 明日へと向かうのだろう

雨を掻い潜り飛んでいく 一縷のか細い祈りを
誰も撃ち落とせはしないだろう
君がそう望むほかは

何等星の光だって
暗闇を撃ち破るほどに輝くことを
どうか どうか 忘れないでいたい

果たせなかった思いは
どこへ消えて行くと言うのだろう
はじめから透明ならば まだここにいるかもな

幾度 敗北を知っても
その為に生きたいと思えるか
どうか 君の祈りよ 空を裂いて行け

ねえ イノセント・プレイ
報われない思いはどこかへ消えた
それでも それでも僕ら行かなきゃ
誰もが 勇ましい 勇敢な勇者ではなくて
震える その足で 明日へと向かおう
無垢なる祈りを宿して

発売日:2020 01 29

Halo at 四畳半が2020年1月29日(水)にリリースする2ndフルアルバム『ANATOMIES』より、リードトラック「イノセント・プレイ」の先行配信がスタートした。

アルバムからの先行配信は、「ナラク」「花飾りのうた」に続いて3曲目。「イノセント・プレイ」はamazarashiなどを手がける出羽良彰がプロデューサーとして参加している楽曲で、聴き手に優しく寄り添う前向きなメッセージソングとなっている。

また、アルバムの発売を記念して、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡でのインストアイベントも決定した。こちらは観覧フリーで、アコースティック形式でのスペシャルなミニライブとなる。

なお、アルバム『ANATOMIES』はiTunesでのプレオーダーがスタートしている。