Halo at 四畳半 – クレイドル


クレイドル

クレイドル

Halo at 四畳半

ANATOMIES

作曲:渡井翔汰
作詞︰渡井翔汰

歌詞

空を渡る ミサイルを捕らえて
花束に変えてしまおう
深い海の底 呼吸も忘れて
飽きるまで語り合おう
僕らは自由さ

宇宙の果てまで 泳いでいくよ
裸の心を連れて
争う人々 怒りをくれよ
一口で飲み干すよ
僕らは

愛を詠ったあの詩人も
罪を背負った悪人でも
僕らは等しく揺り籠から
この世界に憧れていたんだろう

秘密を明かして 窓から飛ぶよ
地上へと別れを告げよう

空から眺めた 僕らの街は
怪獣の背中のよう

どこへ行こうと構わないよ
他の誰かを傷付けないこと
僕らただひとつそのルールを
守れやしない愚か者なのさ

昼空に星を 夜空に陽射しを
描くのが僕らは怖いのさ
間違いさがしで また日は暮れたよ
正しさではなく僕は僕の答えを探すよ

愛を詠ったあの詩人も
罪を背負った悪人でも
僕らは等しく揺り籠から
この世界に憧れていたんだろう

昼空に星を 夜空に陽射しを
描いてみるよ
間違いさがしで また日は暮れたよ
それでも次の朝へ

発売日:2020 01 29