Halo at 四畳半 – 月と獣


月と獣

月と獣

Halo at 四畳半

ANATOMIES

作曲:渡井翔汰
作詞︰渡井翔汰

歌詞

欠けた月を眺めた獣は
お前が羨ましいと言った
なあ 不完全なお前を皆美しいと言う
あれは嘘だ きっと嘘だ

痩せ細った身体のどこにも
欠けたところなど無いが 誰もが
俺を腫れ物の様に嫌い 追い払っては
化け物だと そう言った

月はただ微笑みを浮かべている
お前まで俺を笑うのか

今 頬を伝って 流れた滴の
理由も名前も獣は知らない
傷はひとつも無いのに 胸が痛むから
夜の静寂にひとり吠えるのさ

どこへ行こうとも 月は付いてきた
お前もひとりなのか?
それでも俺とお前は違うさ
ご覧 道行く誰もが 俺のことなど
その目には映らないようだ

月はただ静かに沈んでいく
次第に明けゆく空の向こうへ

気付けば眠っていた獣は
朝靄の中でひとり目を覚ます

ようやくいなくなったか 生意気な月め
別れのひとつも言えないのか

今 頬を伝って 流れた滴の
理由も名前も獣は知らない
何も失くしてないのに 胸に空いた穴を
埋めるように何度もひとり吠えるのさ

欠けた空を眺めた獣は
お前が羨ましいと言った

発売日:2020 01 29