JUJU – ミライ


ミライ

ミライ

JUJU

ドラマ 『ハケン占い師アタル』主題歌

作曲:三橋隆幸
作詞︰蒼山幸子

歌詞

誰もまだ知らない夢と 夜更かしした頃は
見上げた空に 散らばる星も近く見えた

歩道橋から 見下ろした街は今
さみしげな光が 揺らめくけど

小さな強がりでも 前を向ける魔法になる
あなたに誇れるような 物語がまだ描けるなら
泣いたり愛されたり生きてみるよ
星のないこの街で
一人じゃない そう思えるから 歩いてゆける

少しずつだって手繰ろう この見えない糸を
誰かの指に触れるような夜もあるから

気まぐれだった運命でも いつかは
報われる出会いを用意してる

小さな明かりをただ 灯すような気持ちだけで
未来を探してゆく 笑われても笑っていられる
いつしか描いていた夢と違う
今を生きていたって
悪くないわ
夜風は優しい場所へ吹いてる

かなしみの予感に きっと負けないように
思い出は出来てる そっと煌きながら

小さな強がりでも 前を向ける魔法になる
あなたに誇れるような 物語がまだ描けるなら
泣いたり愛されたり生きてみるよ
星のないこの街で
つながってる この空の下に
明日はあるの

発売日:2019 03 06

平成最後の年、15周年を迎えたJUJUが送る2019年最初のシングル。主演:杉咲花×脚本:遊川和彦が仕掛ける<平成最後の新“働き方改革”>を描くお仕事コメディードラマ、テレビ朝日系木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』の主題歌。タイトルは「ミライ」。小さい頃、誰しもがなにかに憧れ、そして夢を見る。そして現実に向き合い一つ一つ大人になっていく。時代が変わるその瞬間に、どこか甘くて、どこか切ないそんな「ミライ」を探していく一曲が誕生。代表曲「やさしさで溢れるように」の系譜をつなぐ、転機を迎える人、卒業を迎える学生、そして変わらぬ日々を送る人、すべての「ミライ」に向かう人に贈りたい感涙の一曲。カップリングには、あざと可愛い女子の甘い「たくらみ」を、トレンドのTRAPサウンドにのせて歌う意欲作「READ MY LIPS」、さらには和田アキ子の名曲「だってしょうがないじゃない」のボサノヴァカヴァーを収録。