JUNNA – 曖昧な2人


JUNNA - 曖昧な2人

曖昧な2人

JUNNA

アニメ「個人差あります」主題歌

作曲:永井葉子
作詞︰永井葉子

歌詞

曖昧な2人だとしても
出会えたこの奇跡と
手と手は握ったまま

平行線 なぜ? 満たされぬ心
ハァ ため息ばかりの毎日
正面切って伝え合うこともない
“愛なんていつか薄れてくものでしょう?”
なんて不安で…

何だろう このもどかしさは
貴方がいたって 求めるものは増えて
誰かを想う不確かさよ
いつの日か分かり合えるだろうか
曖昧な2人だとしても
手と手は握ったまま

半信半疑で 掴めない心
ねぇ 聞かせてほしいことあるのに
何を恐れて 踏み込めないんだろう
“考えていたって仕方ないことでしょう?”
今日も不安で…

何だろう この不甲斐なさは
貴方の目見て ただ安心したいだけ
誰かを信じる心を
いつの日も忘れたくはないから
曖昧な2人だとしても
確かに歩み寄ってく

目を瞑り 委ね合ってく
心 身体 全てを
戸惑いも 涙の夜も
全て消え去ってくれと願う

曖昧な心の内でも
2つに分け合って 歩み続けよう

誰かを愛せる奇跡と
この広い世界で出会えた奇跡よ
曖昧な2人でも
(この狭い部屋で悩める奇跡よ)
曖昧な2人でもいいの
手と手は握ったまま

発売日:2022 08 05

ソロデビュー5周年を迎えたJUNNAが、8月6日(土)から放送スタートする東海テレビ・フジテレビ系全国ネット土ドラ『個人差あります』の主題歌を担当することが発表された。

『個人差あります』は、突然性別が変わる架空の設定「異性化」を切り口に、夫婦や恋愛の多様なあり様を描くラブストーリー。異性化する夫役を夏菜(女性)と白洲 迅(男性)が、二人で一役を演じる。また戸惑う妻を新川優愛が演じる。原作は、「喰う寝るふたり 住むふたり」「モンクロチョウ」などで知られる日暮キノコ「個人差あり〼」(講談社「週刊モーニング」所載)。突拍子もない設定を通じて多様性に迫る社会派エンターテインメントだ。

主題歌タイトルは「曖昧な2人」。6月21日(火)に行われたJUNNAの5周年記念ライブで本人から発表された。また楽曲は、BiSHやEMPiERのサウンドプロデュースをつとめる音楽集団「SCRAMBLES」内の若手クリエイター部署「TOPICS.LAB」が、サウンドプロデュースを手掛けている。TVアニメ『マクロスΔ』に登場する戦術音楽ユニット・ワルキューレのエースボーカルとしても活躍するJUNNAは、これまで多数のアニメ作品の主題歌を担当、シーンを席捲してきたが、ソロデビュー5周年を迎え今作で初めてドラマの主題歌を担当する。尚、楽曲リリースの詳細については追って発表されるとのこと。