KANA-BOON – それでも僕らは願っているよ


KANA-BOON それでも僕らは願っているよ 歌詞 PV

それでも僕らは願っているよ

KANA-BOON

NAMiDA

作曲:谷口鮪
作詞︰谷口鮪

歌詞

期待が今日も地平線に沈んでゆく
夜の帳 失ったものばかりが光って見えた
戻れない日々の価値に また目を閉ざす

さぁすべて
涙とともに流してしまえよ
きりがないほど打ちのめされるけど
それでも僕らは願ってしまう
明日は笑っていられますように

彩りのない世界の片隅で
気付けばいつも一人 僕は僕と対峙する
そこで見つけた答えを君に歌おう
たとえ距離が遠くてもそれでも

涙とともに流してしまえよ
日々の重さは変わらないとしても
それでも少しは軽くなるかな
明日は笑っていられますように

東から西へと沈みゆく太陽
置き去りにされてもさよならは言わないで

涙とともに流してしまえよ
いまはわからないことばかりだけど
それでも僕らは願っているよ いままでの日々が意味を持つことを
涙の跡が乾いた頃には 君も同じように笑えているかな
願いを込めて僕らは眠るよ 明日は笑っていられますように

発売日:2017 09 27

KANA-BOONの新曲「それでも僕らは願っているよ」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

「それでも僕らは願っているよ」は明日9月27日リリースのアルバム「NAMiDA」のリード曲の1つ。ライブでもすでに披露されているナンバーで、谷口鮪(Vo, G)が自分およびバンドと向き合った末に生まれた、力強く希望に満ちたメッセージソングだ。MVではバンドの演奏シーンと山崎紘菜演じる女性の心象風景を織り交ぜながら、希望を取り戻していくイメージが表現されている。