LAPLUS – 「梟」-witch hunt of modern-


「梟」-witch hunt of modern-

「梟」-witch hunt of modern-

LAPLUS

作曲:satoshi
作詞︰行来

歌詞

その消えないものをいつしか理由に都合よくまやかしの世
決まって孤独故、首傾げ嘲笑い

醜い旋律奏で 世間振りほどく
気安く触れるなもう懲り懲り
虚勢ばかり嘘つきでした
何を喰らい泣いた?

歪んだ世界で呼吸を無くした 終わらないこの夜にまた見つけて
汚れた羽を広げ飛び降りた僕を支配していく闇に今宵も踊れ

暗闇に光るこの眼引き換えに見たくもない物ばかり
不幸の味に群れた美食家は食い散らかす

飼いならされた本能 感傷的な呪文
夜な夜な飛び交う戯れに
どこにもない ほら意味のない宴
狩られ 落ちた

繋いだ世界で必要なかった 名も無い声は音もなく潜めて
迷いの森で笑う支配者よ 僕を消さないで 見せて不自由なこの眼に

沈んでいく太陽は孤独へと連れ去り
To live without Hope is to Cease to live

途切れた世界で僕は消えていく 捨ててしまえばそこはまほろばへと
夢醒め行き場のない醜さの美学 機会仕掛けの空 灰色に染まれ

発売日:2019 05 29

今回公開された「「梟」-witch hunt of modern-」は5月29日に発売される新作で、いままでの彼らのイメージとは大きく異なる攻撃的な楽曲となっている。歌詞は現代社会の闇に触れるもので、行来(Vo)のリアリティを求めるボーカルスタイルに通ずる世界観を提示している。ミュージックビデオの撮影は楽曲のイメージに合わせ、実際に存在する古城に出向き行われた。更に今作にはレコーディングにも参加したYOSHIHIRO(G/ex.ギルド)も出演している。

LAPLUSはアルバム&シングルリリースと新体制の始動を記念した初の主催ライヴ<No destruction No creation>supported by ViSULOG.をTSUTAYA O-WESTで5月18日に開催する。