LiSA – サプライズ


サプライズ

サプライズ

LiSA

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』主題歌

作曲:高橋浩一郎(onetrap)
作詞:LiSA

歌詞

下を向いて歩いてた もう何も壊さないように
少し背伸びをしていたのは 孤独に怯えてたせいかな

優しさに出会うたび うまく笑えなくて
呼吸を殺していたのに

どんなに眩しい 願いも越えてく
キミの サプライズが
夏の光が 胸を焦がすように
大丈夫だと 扉を開く
キミとなら みたいミライ

キミがくれた喜びが 輝きを増しながら
暗くひび割れた心まで 宝石箱に変えてしまうんだ

寂しさに凍えたり
悔しさに怒ったり
理由もわからず 泣いたり

かっこ悪い 僕を知ってでも 傍にいてくれるから
難題に何度も 悩まされたとしても
走り出せる 夜空の向こう
次にまだ 期待したい

無くした幸せ 数えるたび ただ悲しみに溺れてしまうけど
確かにそこにあった 僕に向けられてた 愛を知る

握りしめたぬくもりを もう二度と離さないように

どんなに眩しい 願いも越えてく
キミの サプライズが
夏の光が 胸を焦がすように
大丈夫だと 扉を開く
キミとまだ みたいミライ

発売日:2021 05 19

LiSAが歌う映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』主題歌「サプライズ」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

「サプライズ」は、映画のテーマと共鳴するようなどこか懐かしい時代を感じさせる雰囲気と、LiSAの今までと未来への思いが込められた歌詞で構成されたロックバラード。ミュージックビデオは、映画のシーンにLiSAの歌唱シーンを組み合わせて制作された。

歌詞を書き下ろしたLiSAは、同曲について「予期せぬ今日に臆病になったり、それでもやっぱり未来を信じたくなったり。そばにあるものの大切さと尊さを感じることができる私たちの心に、予想を超えて寄り添える“サプライズ”のような歌になればと願います。」とコメントを寄せている。