Nulbarich – TOKYO


TOKYO

TOKYO

Nulbarich

作曲:Jeremy Quartus
作詞︰Jeremy Quartus・Ryan Octaviano

歌詞

Pick up your celly yo
Are you there? Hello?
1人佇む TOKYO そうビルとビルの狭間で
Put the world on hold 閉ざす浮き世
当てる my head phone
今日は Marvin Gaye を独占
他に用はねぇ
Oh Mercy Mercy Me

限りのない選択肢自由の paradise
Depending on the day
It goes from love to hate
This relationship we have
もうほっといて
でもそばにいて
Come find me here
For the deal
For the risk
For the corner

I can’t let this go
My dream still untold
Love this life in TOKYO
She lets me cry
They say 自由は実は不自由で
目を背けてても孤独です
But I can’t let this go
Don’t you fail me now?
どっちでもいいかぁ
You’ll feel me closer tonight

限りのない選択肢自由のparadise
Depending on the day
It goes from love to hate
This relationship we have
あくびは safeでもため息は no
Cry for the earth?
CO2 reduction
That’s the rule
Do what you do

I can’t let this go
My dream still untold
Love this life in TOKYO
She lets me cry
They say 自由は実は不自由で
目を背けてても孤独です
まだ終われないや
I’m sorry

I can’t let this go
My dream still untold
Love this life in TOKYO
She lets me cry
They say 自由は実は不自由で
目を背けてても孤独です
But I can’t let this go
Don’t you fail me now

I can’t let this go
My dream still untold
Love this life in TOKYO
She lets me cry
They say 自由は実は不自由で
目を背けてても孤独です
But I can’t let this go
Don’t you fail me now
どっちでもいいかぁ…

My words are bullets
If it hits you it hits you
If it don’t it don’t
My words are bullets
If it hits you it hits you
If it don’t it don’t

発売日:2021 01 27

Nulbarichが、隔月で配信シングル2作のリリースを発表。第一弾として、シングル「TOKYO」を1月27日にリリース。そのジャケットを公開した。

「TOKYO」は、JQがNulbarich結成以前に、葛藤の中で生きる自分自身に向け書いた楽曲。現在の世界的なパンデミックの状況の中で感じている戸惑いや不安と当時の気持ちが重なり、新しいアレンジを施し完成させた。不透明な社会に閉塞感を抱えながらも、未来に希望を持ち自分らしく生き抜いていこうという想いが描かれている。

この楽曲は、バンドの最初期以来長らくライブで披露していなかったことに加え、これまで作品未収録だったことからファンの間では幻の楽曲とされていた。

「TOKYO」は、1月17日13:00放送のJ-WAVE「SAISON CARD TOKIO HOT 100」にてフルサイズ解禁される。