OKAMOTO’S – History


OKAMOTO'S - History

History

OKAMOTO’S

映画『十二単衣を着た悪魔』主題歌

Welcome My Friend

作曲:オカモトショウ・オカモトコウキ
作詞︰オカモトショウ

歌詞

Seems long but short time, what have I done?
did I do anything I really wanted to
Have I tolden what I should and have I hidden all the rude,
have I really existed here
どれだけの夜を見送れたら弱さを許せるの?
どれだけの道を迷ったら人を愛せるのだろう?

Wow Yeah!
How do you feel? 時と共に 移りゆく人々
Wow Yeah!
ヤワ過ぎる 心だから 傷つきやすく
Wow Yeah!
壊れても 敗れてもいい 優しくありたい

Everybody’s getting older
We were keep walking forward
But the party is over
Thought people will split up and go home
But we’re still on our order
Dancing on with silents in the night
Young man’s afraid to stop it feels like a failuer
Walls everywhere walls separate everything
まだ止まれない

Thought my hearts gonna burn out
But my dream’s never sold out, finishing my soda
Climb up to the roof top, sign up to the world top
Wanna show what I see and feel
My right hand in my pocket
My left hand tighten up to a rocket
Got your photo in my wallet
潤む瞳 水たまり

Wow Yeah!
この声も その涙も 歴史を揺らす波となって
Wow Yeah!
いつかそれが 全て君の ためになってくれるなら
Wow Yeah!
壊れても敗れてもいい

Feel it,Speed it,Deal it,Just do what you do,do what you do!

Can you feel it?
Wanna speed it?

発売日:2020 08 26

OKAMOTO’Sが8月26日にリリースするEP『Welcome My Friend』収録曲「History」が、11月6日に公開の黒木瞳監督が4年ぶりに手掛ける映画『十二単衣を着た悪魔』の主題歌に決定した。本日8月14日からSpotify等で世界先行配信もスタートしている。

同映画は、小説家の内館牧子が「源氏物語」を題材に、奔放で強い女性によって成長していく青年の姿を描いた長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」を元に実写化。主演は伊藤健太郎が務め、三吉彩花、伊藤沙莉らが参加している。

今作で、エンディングにはどうしてもロックを使用したかったという黒木監督は、数あるアーティストの楽曲を聞く中で、OKAMOTO’Sの「BROTHER」を気に入り、この楽曲に近いロックな新曲の書きおろしをOKAMOTO’Sメンバーに依頼。「History」のレコーディング時には黒木監督もスタジオに足を運ぶ程の熱の入れ様で、お互いコミュニケーションを取りながら作品に寄り添った新曲が完成した。映画『十二単衣を着た悪魔』は、11月6日より新宿ピカデリーほかで全国公開される。