PEDRO – 東京


PEDRO - 東京 歌詞 MV

東京

PEDRO

作曲:松隈ケンタ
作詞︰アユニ・D

歌詞

汗かいて ベソかいて 恥の多い人生も
泣いたっけ 笑ったっけ 思い出にしていく
ぎゅってして 助けて 叫ぶあてがあればいいのにな
願って 祈って 穏やかであるように

悲しいも嬉しいも 全て愛していくから
この惑星で生活を 続けんだ
簡単にできることなんて一つもないのさ
難しいこと繰り返し それでも
生き抜いてこう そっと

都会って 狭くって 星一つも見えないけど
出逢って 別れて 僕を気づかせた
頑張って 踏ん張って 這いつくばって転ばないように
ダサいって 笑われても この街で息する

優しさも愛しさも 煙たがらないでいたい
天邪鬼はおさらば わかってんだ
何もない人生より何かあるほうがいいから
恥ずかしがることなんて 何もない
大丈夫さ きっと

悲しいも嬉しいも 全て愛していくから
この惑星で生活を 続けんだ
簡単にできることなんて一つもないのさ
難しいこと繰り返し それでも
生き抜いていこう そっと

発売日:2021 02 10

アユニ・D(BiSH)によるソロプロジェクト・PEDROが2月10日に2ndシングル「東京」を発売する。

本作には表題曲「東京」と「日常」の2曲を収録。「東京」は松隈ケンタ作曲の楽曲で、札幌から上京してきたアユニ・Dが東京で生活をする中で感じたことを歌詞にしたメッセージソングとなっている。一方の「日常」は、すべてのライブとレコーディングでサポートギターを務めている田渕ひさ子(NUMBER GIRL、toddle、bloodthirsty butchers)が作曲およびアレンジを行なった楽曲で、こちらも作詞はアユニ・Dが担当。なお「日常」は1月16日20:00より各種配信サービスで先行配信される。