PELICAN FANCLUB – 俳句


俳句

俳句

PELICAN FANCLUB

解放のヒント

作曲:エンドウアンリ
作詞︰エンドウアンリ

歌詞

困った 警察に俳句をみられた
銃で撃ってくれ
誰も彼も言葉に怯えた
美しさは違反だった

困った 警察にドレスをみられた
銃で撃ってくれ
誰も彼も目立たないように
新しい服は汚した

困った テレビではモザイクばかり
しかしそれで皆は笑った
誰も彼も安心していた
それは気味が悪かった

違和感だけが首に絡み
生きづらくて息苦しいな
呆れてしまった 一体何なんだ

困った 警察に俳句を詠まれた
すぐ殺してくれ
何もかもが足りない社会で
不満しか言えなくなった

困った 警察に俳句を詠まれた
すぐ殺してくれ
刺激は消せ 過激な感性
規制で犠牲 全て君のせい

困った 警察に唄を聞かれた
銃で撃ってくれ
こんな街に住んだ覚えはない
5時の鐘は昔の話

発売日:2022 03 02

PELICAN FANCLUBが3月2日にリリースするメジャー1stアルバム『解放のヒント』より、新曲「俳句」の先行配信をスタートさせた。あわせて同曲のミュージックビデオも公開されている。

PELICAN FANCLUBにとって2022年初の新曲となる「俳句」は、彼らの“陽”のイメージと相対する、狂気を孕んだ“陰”の世界観が解放された楽曲。和楽器の音色がリフレクトするなど、PELICAN FANCLUBにとって新境地とも言える楽曲に仕上がっている。

作詞・曲を担当するエンドウアンリ(G,Vo)が、「『人目を気にする』の『人目』とは誰の『目』か?それは自分が生みだした幻か?」という内省の先に見た景色が具象化されている。

ミュージックビデオは冷艶な“和”を感じさせる空間に虚実が錯綜する、サイバーパンクの世界を彷彿とさせるようなアート性の高い映像作品になっている。