RADWIMPS – 新世界


新世界

新世界

RADWIMPS

作曲︰野田洋次郎
作詞︰野田洋次郎

歌詞

「僕と君なら きっと越えて行けるさ」
そう言った君の声が 細く震えていたんだ

あといくつの「夜」と 「空っぽ」噛み締めたら
辿り着けるのかも 知る人さえ皆無

「当たり前」が戻って来たとして
それはもう 赤の他人

きっと同じ世界には もう戻らない
「ただいま」と開けたドアの先は「新世界」

僕ら長いこと 崩れる足元を
「上向いて歩けよ」と 眼をそらしすぎた

泣いて 泣いて 泣いて なんかないよ
泣いて 泣いて 泣いて 泣いてないよ

「凪いで」「凪いで」「凪いで」 泣いてないで
泣いて 泣いて 泣いて 泣いてないよって

見てたいものだけに ピントを合わせては
あとはモザイクで 地球を覆ったの

僕ら空に落ちてく ビルは剥がれ堕ちてく
金は皮膚を剥いでく 罵声は跳ね返ってく

生け贄は積もってく 運命はイビキかいてる
綺麗な0を描いてさ 新しくしよう「今」

キズだらけの迷子だけが 産まれることを許されたこの地球の上で
何を「優劣」などとのたまう?

実況席で今日も構える神よ、何を思う あなたの眼で見届けたまえ
このカタストロフィの結末を

「僕と君なら きっと越えて行けるさ」
そう行った君の声が 細く震えていたんだ

夢は冷めるまでは まだ夢ではないさ
嘘がバレるまでは 嘘ではないように

「この時空で最後の恋ならば 君と越えて行きたい」

淀み切った真実 なんて欲しくないんでしょ
可愛い顔の嘘が 好きで仕方ないんでしょ?

君が勝ちたいなら 僕は負けでいいから
それで嬉しいんなら じゃあ笑顔を見せてよ

君と描きたいのさ 揺れた線でいいから
明日の朝あたり 世界を変えにいこうかね

「新世界」は、5月8日(金)放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』への出演に際して書き下ろされ、同番組で初披露された、完成したばかりの新曲だ。彼らは“番組にぜひメッセージを届けてほしい”という出演オファーに賛同し、すぐさま新曲制作に取り掛かったという。

野田洋次郎(Vo,G,Pf)はこの楽曲について、「最初にお話をいただいたとき、みんなが前を向けるような曲を作ろうと思い制作を始めました。ですが、段々とそれだけでいいのかと違和感が生まれていきました。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)は僕たちからたくさんのものを奪っていったと同時に、たくさんの気づきも与えてくれています。日常がいつか戻って来たとして、それは今までとは違う新しい世界なんだと思います。企業や社会の仕組み、教育現場、政治のあり方。これからを生きる僕たちが、どんな世界にしていくのか。みんなが想像し、創造できるようにと願って作りました」とコメントしている。

発売日:2020 05 08

表示できる歌詞がありません。歌詞を投稿することができます。

どしどしコメントをお寄せください。最大の励ましです。