RADWIMPS – 空窓


空窓

RADWIMPS

作曲︰野田洋次郎
作詞︰野田洋次郎

歌詞

あれからお前は どうしているか
見慣れぬ景色は もう慣れたか

俺は俺でさ あれほど聞き馴れなかった
はずの言葉が もう板についたよ

あの時の僕らは何も分からず
親父が言うまま 家を出たんだ
2日か3日ですぐ帰れるものと
ばかり思ってた あの日から7年

ケンカしたまま別れた友や
家を出たきり帰らぬ兄や
言えないままの ありがとう、
ごめんが宙ぶらりんのまま今日まで来たよ

時が僕らを大きくするけど
時は僕らをあの場所から遠ざける
僕らの故郷は今でもさ
僕らを待っててくれてるだろうか

新しい友と新しい街で
新しいただいまを今は言ってるよ
寂しさ、嬉しさと ほんの少しの
後ろめたさと 一緒に生きてるよ

帰りたいかと聞かれても
すぐ答えられない 僕がいるよ
帰りたいのは あの場所よりか
あの人とあの時に 帰りたいだけ

さよならをちゃんと 言える別れは
幸せなのかも なんて思ったよ
僕はどうやら 強くなった
強さが何かは よく知らないけど
あの時 どうやら 涙は流し切った

時が僕らを 大きくするけど
時は僕らを あの場所から遠ざける

僕はどうやら 強くなった
弱さが何かは 知らないけど
心の蓋仕方を知っただけかも
でもそうでもしないと やってこれなかった

だけど今日だけはこの蓋を
開けてあなたに 会いに行く

発売日:2018 04 08

RADWIMPSが新曲「空窓」をバンドのYouTubeアカウントにて発表した。

東日本大震災の発生直後に特設サイトを立ち上げ、以降毎年3月11日にYouTubeを通じて被災地復興の思いを込めた楽曲を発表しているRADWIMPS。昨年は新曲の発表がなかったが、今年は3月11日には間に合わなかったものの新たな楽曲が公開された。

野田洋次郎(Vo, G, Piano)が書いたブログによると、「空窓」は昨年の3月31日をもって休校した福島・福島県立浪江高校の最後の卒業生たちから届いた言葉をもとに歌詞をつづったナンバー。楽曲と共に公開された、2018年3月11日の空の様子を切り取った映像はコトリフィルムが制作した。