Rin音 – 琥珀の目


琥珀の目

琥珀の目

Rin音

作曲:Rin音・Taro Ishida
作詞︰Rin音

歌詞

車窓から眺めた景色は未だに頭にあってさ
身体中に染み付いた言葉が忘れさせてくれないのさ
眠気を失くして 今宵だけ城下に紛れて
愛に例ふガラケー 童歌流れ届く恋文を

ゆらりゆらりと揺れる髪 どことなく後ろめたい高鳴り
歩みのスピードだけそのままに 眼前の出来事は唐突に
天に打ち上がる色と灯り 花を模したゆえ時儚い
繋ぐことのできぬ左手と 夕闇に隠された想いを 機を待つ言葉に

嗚呼、晴天下 小春日和 年が周りかけ老う記憶も 敢然と頭に佇むの
嗚呼、晴天下 小春日和 今宵旅は夜もすがら
音、光の中 駆けて涙を流す 滑稽だ

調子ならどう? 聴きたくなるよ こっちならさ上手くやってるから
背が伸びて少し太ったよ だらしなさがいつも取り柄だし

あの日以来とかじゃないし 心配性の副効果的なことで
君を思い出したりしなかったり 刻一刻と流れ行くよ 愛に 迷いに

嗚呼、晴天下 小春日和 年が周りかけ老う記憶も 敢然と頭に佇むの
嗚呼、晴天下 小春日和 今宵旅は夜もすがら
音、光の中 駆けて あぁ駆けて

調子ならどう? 聴きたくなるよ こっちならさ上手くやってるから

発売日:2021 10 11

Rin音の新曲「琥珀の目」が10月11日にリリースされることが決定した。“秋の「snow jam」”のようなラブソングだという。

Rin音は23歳の誕生日を迎えた9月16日、新曲のリリースを発表した。Apple MusicとSpotifyではPre-add/Pre-saveの受付も開始されている。