SEKAI NO OWARI – Dropout


Dropout

Dropout

SEKAI NO OWARI 世界の終わり

作曲:Fukase
作詞︰Fukase・TAS

歌詞

These four walls
Feel so small
I’m the king of nothing at all
Silent screams, nights l dream
Something more is waiting for me

l came from Dropout Boulevard
Through my darkest days
Bet on myself and beat the odds

l came from Dropout Boulevard
So far away
Look around at where we are

l came from Dropout Boulevard
Through my darkest days
Bet on myself and beat the odds

l came from Dropout Boulevard
So far away
Look around at where we are

Dropout Boulevard…

l touched down, solid ground
Little pills and all white gowns
To this fate l can’t relate
Run away with me from this place

l came from Dropout Boulevard
Through my darkest days
Bet on myself and beat the odds

l came from Dropout Boulevard
So far away
Look around at where we are

l came from Dropout Boulevard
Through my darkest days
Bet on myself and beat the odds

l came from Dropout Boulevard
So far away
Look around at where we are

Dropout Boulevard…

Dropout Boulevard…

発売日:2020 03 31

今年2月10日に、デビュー10周年を迎えたSEKAI NO OWARI。先日ニューリリースの情報が発表されたばかりだが、新曲「Dropout」がauの新TVCMに起用されることが発表された。

このTVCMは『au 5G』の新CM「au 5Gその手に」篇として、3月30日より全国で放映が開始される。あの三太郎タレント(マツダ(松田翔太さん)、キリタニ(桐谷健太さん)、ハマダ(濱田岳さん))が今度は現代の世界で5Gの世界に圧倒される様子を描いたものとなっている。SEKAI NO OWARIは新曲「Dropout」がこのCMに使用されるだけではなく、CM中のライブシーンではメンバー本人が楽曲を披露している。
 
楽曲に対し、メンバーのFukaseは、「今までの自分と、未来に対する自分のことを歌っていて、サビは今から進んでいく未来について歌っています。自分の地元の街にも変わっていくものと、変わらないものが景色として沢山あって、その場所を歩いているときに曲のメロディーが自分の中に降りてきました。ずっと育ってきた場所だけど、変わっていくもの、変わらないものが今の自分にすごくシンクロするなと思ったので。そういう自分の生きてきた人生みたいなものが詰まった楽曲になってるかなと思ってます。」と思いを語った。
3月31日より配信されるこの新曲のジャケットには、Fukaseが今回描き下ろした油絵が用いられており、楽曲の世界観に彩りを添えている。