SEKAI NO OWARI – tears


tears

tears

SEKAI NO OWARI 世界の終わり

scent of memory

作曲:Fukase・Nakajin
作詞︰Fukase

歌詞

初めは嫌いだった
君が僕を嫌ってそうだったから
君も同じだったと
聞いたのはそのずっとあと

調子はどうだい 飯は美味いかい wi-fiはあるかい
返事がないから 無いんじゃないかと思っているけど
無視してるならタダじゃおかない
僕もいつか行く予定だけど 君がちゃんとガイドしてくれよ
ご存知の通り面倒なとこがあるから 未知の食べ物はよく腹を壊すんだ
トイレはちゃんと綺麗かい
笑い事じゃないんだ

思い出すのはさ
君の笑顔なんかじゃなく
悪い顔だったりするんだ
涙が零れた
君に出逢えて良かったと思う度に
woah
tears
woah
cheers

言葉になれなかった
この僕の想い達は
わざわざ言わなくても
解るだろ兄弟

長い長い長い道を この列車で

思い出すのはさ
君の笑顔なんかじゃなく
悪い顔だったりするんだ
涙が零れた
君に出逢えて良かったと思う度に

帰りの列車
思い出す色んな事
笑ったら涙が零れた
ぽつりぽつりぽつりぽつりと
嬉しい事がこんなに悲しい
涙が零れるほど嬉しい
いつかきっとまた

思い出すのはさ
君の笑顔なんかじゃなく
悪い顔だったりするんだ
涙が零れた
君に出逢えて良かったと思う度に
woah
tears
woah
cheers

発売日:2021 07 07

SEKAI NO OWARIの新曲「tears」のミュージックビデオがYouTubeでプレミア公開された。7月2日0時より、同楽曲のデジタル配信もスタートしている。

「tears」は、彼らが7月21日にリリースするニューアルバム『scent of memory』の収録曲。30日から東京都内で開催される自身初の大型エキシビション<THE SECRET HOUSE>のテーマソングとなる楽曲だ。

ミュージックビデオは、歌詞にもある“列車“をスタジオ内に再現して撮影されたという。「umbrella」「silent」「バードマン」に続いて、池田大が監督を務めた。