Superfly – Farewell


Superfly - Farewell

Farewell

Superfly

「映画 イチケイのカラス」主題歌

作曲:越智志帆・木﨑賢治・宮田’レフティ’リョウ
作詞:越智志帆・jam

歌詞

なんで寂しいんだろう
すぐそばにいても

なんで信じるんだろう
色あせた気持ちを

この手を離さず握ってくれるのに
眠れない夜はあなたの香りがした
でも本当の姿はどこかに隠されたままで

愛なんて知らなくて
心が聞き分けないよ
いつかきっと離れてくのは 知ってたはずなのに

叶うなら 夕日よ行かないで
明日よ来ないで

ここで時間を止めて
綺麗なまま
記憶にしよう

なんて怖いんだろう
独りを生きるって

不安を埋めるために 繋がるだけなら
もう嫌なんだ

こうなることなんか気づいていたのに
私は弱く脆い どうしようもない

幸せになりたい
もう一度笑えますように

舞い上がれ

愛を見た私のまま
心よ飛び立っていけ
震えるほど好きだったことを 後悔したくないよ

会いたくて
抱きしめられたかった日々にありがとう

ここで時間を止めて
綺麗なまま
終わりにしよう

明日を生きよう

発売日:2022 12 28

Superflyの新曲「Farewell」が、2023年1月13日より全国上映される「映画 イチケイのカラス」の主題歌に決定した。

「映画 イチケイのカラス」はフジテレビ系ドラマ「イチケイのカラス」の劇場版で、竹野内豊と黒木華が共演。自由奔放かつ型破りな裁判官・入間みちおが、“イチケイ”こと東京地方裁判所第3支部第1刑事部を去ってから2年後の物語が描かれる。竹野内がみちおを演じるほか、黒木、斎藤工、向井理、柄本時生、西野七瀬、小日向文世、山崎育三郎、桜井ユキ、水谷果穂が出演者として名を連ねている。ドラマから引き続き、監督を田中亮が務め、脚本を浜田秀哉が手がけた。

「Farewell」は、荘厳なゴスペルとドラマチックなストリングスにエモーショナルな歌声が重なるバラード。Superflyは映画主題歌として初めて「叶わぬ思い」をモチーフにした曲を書き下ろしたことに触れつつ、「“大切な人を想う”その気持ちを抱けたことを大事にしたいなと思い、そんな気持ちが昇華されるような祈りの曲をつくりました。どうか映画と一緒に楽しんでいただけたらと思います」と述べた。また竹野内と田中監督も主題歌についてコメント。竹野内は13年前に越智志帆と会った際、その歌声に感動したことを振り返り、主題歌については「失敗を恐れ、一歩踏み出す勇気が出ない、そんな時に、Superflyさんの優しくて強い歌声に、そっと背中を押してもらえると思います」と語った。一方、田中監督は「主題歌を受け取って初めて映像に重ね合わせた時、今作に必要な最後のピースがカチッとハマる音が聞こえました」「映画館を出たあと、『もう一度笑えますように』『明日を生きよう』などの歌詞の意味を噛み締めながら、映画の住人たちの未来に思いを馳せてもらえると嬉しいです」と述べている。